福岡の税理士事務所一覧|会社設立・起業向けの相談に活用しよう!

MENU

税理士の選び方〜自分との相性〜

福岡の税理士事務所には様々なものがあり、それぞれ得意とする分野やサポート体制にも大きな違いがあります。

ここでは税理士の選び方のポイントについて紹介していきます。

福岡で税理士を選ぶうえで最も重要であるといえるのが自分との相性です。
税に関する悩みは個人事業主によって異なり、相談しないことにはその全容を把握することができません。

相性というのはまず話しやすい税理士であるかどうかです。専門知識や経験と言うのも非常に重要な要素ではありますが、相手が親身になってくれるかということはもっと大事です。また、いくら有名な税理士であっても自分との相性が悪い場合、信頼することは難しくなります。

顧問契約に至っては長い間付き合っていく相手でありますから、話しやすい相手を選ぶようにしましょう。

税理士によっては事業を拡大する上で的確なアドバイスをしてくれるケースもあります。事業に関して相談できる相手がいることは非常に大切なことです。

説明が丁寧が重要

福岡で税理士選びに必要な要素として、わかりやすい説明があります。
税金に関する用語には難しいものがたくさんあり、知識を持たない場合、そのすべてを理解するのは難しくなります。

税理士に求められることは経営者に税理に関する知識を与えることです。
税金の大切さを教え、正しい知識を与えることによって個人事業主自身も成長することになります。

例えば難しい言葉で説明を繰り返し、依頼者が何も理解できなかった場合、それが最も効率の良い手段であると判断できる人がいないことになります。

アドバイスを受けるだけでなく、どうしてそれが効率の良い手段であるかを理解することも個人事業主には必要なこととなります。

福岡の税理士と契約したから全てを任せるというだけでは、作業の手間は省けますが成長することができません。

相談した際に自信のわかりやすい言葉で説明してもらえるかは大切です。
特に対面で話し合ってくれるかどうかは、重要な要素の一つになります。

行動力の早さ

良い税理士がどうかを選別する要素として、レスポンスの早さが挙げられます。

それではどの程度の時間がよいとされているのでしょうか。

ここで目安にする時間が24時間です。

福岡の税理士に連絡を行ってから24時間以内に行動を起こしてくれない税理士は、良い税理士と呼べない可能性があります。また、良い税理士であれば緊急時の連絡先を名刺などに書き添えてくれるはずです。

税理士は日本全国にたくさんいるので、どうしても対応には格差が生まれてきます。それを選ぶのは自分自身ですので、良い税理士を選ぶためにも必要最低限のポイントを抑える必要があります。

しかしながら難しい問題に対しては逆に時間をかけてくれるかが重要です。どんな問題に対しても即答で答えてくれる税理士は、良い印象を持つかもしれませんが、適切な答えを述べていない可能性があります。

簡単な問題には早急な対応を行い、難しい問題には親身になって考える。
これが、福岡のよい税理士に必要とされるポイントです。

太いパイプの有無が決めて

福岡の良い税理士を選ぶポイントの一つに太いパイプをもっているかということが挙げられます。

例えば、税理士の顧問契約のメリットにコンサルティング業務があります。新規に会社を設立する際に大きな助けとなってくれますが、その中に融資元の紹介があります。

銀行はその最たるもので、税理士と深い関わりがあることで、普段よりも融資をしてくれる可能性が高くなります。

当然、銀行マンは独自の審査基準で融資をするに値するかどうかを判断するのですが、やはり第3者の意見も聞きたくなるものです。融資先の内情を良く知る税理士は意見を求めるにはとても良い人材になります。

ある程度大きく成長した場合には、起業することも必然となります。
初めは自身で太いパイプを作ることは難しいので、税理士の人望を利用することも必要となります。

実際、税理士によってこのパイプの太さは異なってきます。
太いほど他の人からも信頼されている証拠ですので、良い福岡ではよい税理士であると言えます。

税に関する手続きは税理士が一番

税金に関する知識がなく、毎年確定申告で頭を悩ませている方はどうすればよいのでしょうか。簡単なことです、専門の知識を持っている方に任せればよいのです。

税務の専門家として税理士がいます。税理士は税に関する幅広い業務を行っており、特に確定申告の時期においては非常に大きな助けになります。例えば確定申告の依頼には料金が発生します。

しかし、税額の控除などを適切に行ってくれるため、結果的にお得になるというケースはたくさん見られます。正しい申告は自分の利益をしっかりと把握するためにも必要なこととなります。

確定申告期間は税務署の職員も大忙しであるため、なかなか相談に長い時間をかけることができません。しかし、税理士であれば細かい部分まで相談に乗ってくれます。

また、顧問契約を行うことによって、確定申告以外にも税に関するサポートを行ってくれます。

適切なアドバイスを受けることによって自分が今やらなければならないことを把握することができます。

脱毛ラボ広島

税理士の探し方〜インターネット〜

税理士を探す際は、地元であれば電話帳などから検索することが可能です。

地元お税理士は地域に密着しているため、いざというときに素早い対応が可能になる反面、新規の顧客を受け入れにくいという特徴を持っています。そんなときにはインターネットで探すというのも一つの手です。

インターネットで探すことにはメリットもデメリットも生じます。
まず、最も大きなメリットは利用者の生の声を聞くことができるという点です。税理士のサイトなどでも料金体系や得意とすることなどを見ることは可能です。

しかし。これでは良い部分しか見ることができず、どのような点で劣っているかを判断することができません。一方で口コミなどを見ると、悪い面も含めて税理士を探し出すことができます。

ある程度税理士が絞られてきたら口コミを参照すると良いと思います。

しかし、口コミにはデメリットもあります。それは情報の信ぴょう性が他の手段に比べて薄いということです。生の声を聞ける反面、それが事実であるかどうかは自分自身で判断するしかありません。

税理士との付き合い方

税理士は単に税理を行ってくれるだけの存在だけではありません。個人事業主として経営を行っていく上で、事業になくてはならない存在となり得ます。


税理士と付き合うことは、ネットワークを広げる上でも良い存在となります。良い税理士には企業として力のある人と強いつながりがあり、税理士を通じてパイプを作ることができるかもしれません。
また、税理士と顧問契約を結ばず、経理担当を雇う方も多くなりますが、経理をレベルアップする上でも税理士は活用することが可能です。

経理担当の方も場合によっては全てを知らない可能性があります。その場合、他に知識を持つものがいない為、税理のすべてを経理担当に任せることになります。

第3者機関として、また経理の手法を教えてくれる存在として税理士は非常に助けになる存在です。

税理士と良い関係を築くことによって、お互いに大きなメリットが生じます。
会社として大きく成長するためには、税理士の存在はなくてはならないものです。

税理士に依頼する目安の売上高

税に関する雑務は収入が多くなるほど、その業務も多くなります。税理士との顧問契約料が収入によって異なるのはこのためです。それではどの程度の収入から税理士への依頼を考えるべきなのでしょうか。

一般的に税理士への依頼は年収1000万円を超えた段階から考えることをお勧めします。1000万円未満の収入である場合は、経費や領収書の作成も比較的負担が少なく、自分でも行うことも可能な範囲となります。

しかし、1000万円を超えるとその負担は急激に多くなります。本業との兼ね合いもありますので、税理士に任せた方がより効率的で適切な判断を行ってくれます。

もちろん1000万円未満でも人によっては忙しくて税理に手が回らない方もいると思います。そのような方は確定申告だけ依頼するなど方法はたくさんあります。

税理士は確定申告を作成するだけなく、お得な申告方法を提案してくれるので税金面でも効率がよくなります。税理に負担がかからないことは非常に良いことです。