消費税は、売り上げが一定金額を超えてくると課税対象となってきます

MENU

売上高が1000万円以上が対象

売上高が1000万円を超えることによって、所得税の税率も高くなるのですが、それ以外にかかってくる税金もあります。その一つが消費税です。

売上高が1000万円を超えると、その2年後から消費税の課税対象者となり、消費税を支払う義務が生じます。この消費税は非常に計算が面倒で、特に初めての方は自分一人で行うのはとても難しいものです。

まず、消費税の計算方式を本則課税方式とした場合、課税取引、非課税取引を分ける必要性があります。消費税の中には非課税の対象となるものがあり、例として給与などの支払、輸出などの海外取引、保険料、寄附などが挙げられます。

これらを分けるためには、当然として消費税の知識が必要なります。また、売上高がここまで高くなると仕事量も多くなり、税率計算に時間を割く余裕も少なくなります。

また、逆に仕入れ額が売上額を上回った場合、消費税の差額が還付されることもあります。この還付手続きにも所定の知識が必要となってきます。

トップへ