税理士に依頼するメリットって何なの〜?

MENU

定期的な業績報告が受けられる

税理士と契約することは時短や正確な確定申告が行えるほかにもメリットがあります。

それは、定期的な業績の報告を受けることができるという点です。

税理士は税額を把握するため、個人事業主の業績を月ごとに把握します。

事業の報告は、月次残高試算表や資金繰り表などによってデータ化され、どれだけ自身の事業が利益を得ているのかを見やすい形に表しています。

この報告はおおよそ毎月受けることができ、個人事業主は自社の業績を正確に把握することができます。

業績を把握することによって、以降の活動方針を正確に定めることができます。個人事業を継続して行うためには、経理も含めて考えていかなければなりません。税理士はそうした部分でも非常に大きなメリットも持つことになります。

特に仕事が忙しくなるほど、経理に関しては雑になる傾向があるため、
税理士と契約することは大きな助けになります。

仕事が忙しくなってきたら、税理士と契約することを考えてみましょう。

トップへ

税理士に依頼するメリット記事一覧

税には様々なものがあり、ただ収入を記載するのではなく税法上の特例で税の免除または減額をすることができるものもあります。しかし、これらは予め申告書に記載する必要があり、いくら免除の対象であっても記載しないことには税法上の特例を受けることはできません。普段の生活の中では、なかなかこれらの特例を知ることはできません。日本にはたくさんの特例があるのですが多いが故に知られていないものも多数です。税理士は当然...

納税は国民の義務となっていますが、普通の人は税金に関してすべてを知りません。そのため、控除できるものも知らずにしていないこともあります。税に関して深く知ることで納税額を最小限に抑えることができます。納税額を抑える上でポイントとなるのが青色申告特別控除です。これを受けるためには経費に関して詳しい知識が必要になります。確定申告書の作成は会計ソフトなどを使用することである程度のフォーマットを作り上げるこ...

確定申告をする際の悩みと言えば申告期限になると大勢の方で税務署が溢れかえってしまうことです。確定申告の時期はおよそ1か月程度と余裕をもたせてありますが、申告書の作成には思った以上の労力が必要で、結局提出はぎりぎりになってしまいます。特に申告期限最終日は税務署に長蛇の列ができ、記載ミスなどがあれば間に合わなくなる可能性もあります。また、最近ではe-Taxと呼ばれる電子申告も普及してきていますが、使用...

税理士に依頼することによるメリットはたくさんあります。その中でも最たるものとして確定申告作成に時間を取られることがなく、本業に専念するための時間的余裕ができるという点があります。フリーランスの本業が忙しくなってくればくるほど、領収書や経費の記録も多くなり、必然的に時間がとられてしまいます。しかしながら、確定申告は正確な申告を行わなければ後々面倒なことになりますので、領収書の集計も大切な仕事の一つに...

税理士と契約することは大きなメリットをもたらしますが結構なお金がかかると考えている方もいるかもしれません。しかし、実は税理士の仕事内容を考えるとむしろ安あがりであるということが言えます。税理士は経理に関するデータもまとめてくれます。経理担当を雇おうと考えた場合、従業員だと月額15万円程度かかってしまいます。しかし、税理士の顧問契約は場所にもよりますが、平均で月額数万円程度におさまります。つまり、税...

売上高が高くなるにつれて個人事業主が行わなければならない作業は必然的に多くなります。それは本業だけにとどまらず、税理に関しても同じことです。特に売上高が1000万円を超えた段階で、経理に関する必要事項は一気に増えてきます。経理担当を雇っていない場合においては、もう自分一人で何とかすることができるレベルではありません。例え何とかできたとしても、確実に本業に支障をきたしています。領収書や請求書など紙媒...

会社員に代表される給与所得者は給与の中かから税金が自動的に引かれているため、確定申告という言葉とはあまり関わりがありません。しかし、フリーランスの場合は毎年必ず確定申告をしなければなりません。フリーランスは売上高から税金がひかれておらず、受け取った金額の中から税金を支払う必要があるためです。納税は国民の義務ですので、一定以上の収入がある人は誰にでも税金を納めなければなりません。確定申告は自分の収入...