売上高が増えてくると一気に経理の仕事が増えて手間がかかります

MENU

売上高1000万円以上が目安

売上高が高くなるにつれて個人事業主が行わなければならない作業は必然的に多くなります。それは本業だけにとどまらず、税理に関しても同じことです。

特に売上高が1000万円を超えた段階で、経理に関する必要事項は一気に増えてきます。経理担当を雇っていない場合においては、もう自分一人で何とかすることができるレベルではありません。例え何とかできたとしても、確実に本業に支障をきたしています。

領収書や請求書など紙媒体の書類は多くなりますので、それを整理するのはかなりの労力が必要となってきます。

ここで税理士の出番となるのですが、税理士にお金を払うのはもったいないという理由で依頼しないでいると、やるべきことの多さに疲れてしまいます。

結局経理に穴ができ、正しい申告ができない可能性も生まれます。売上高が増えるほど、本業の仕事量が増え、税理に関する雑務も増えることを理解しなければなりません。

税理に関して心配になったら、積極的に税理士への依頼を行うべきです。

メリットトップへ