フリーランスは、会社員とは違い、自分で税金を納める必要があるので資金管理が必要です

MENU

あとから後悔しないために!

会社員に代表される給与所得者は給与の中かから税金が自動的に引かれているため、確定申告という言葉とはあまり関わりがありません。

しかし、フリーランスの場合は毎年必ず確定申告をしなければなりません。フリーランスは売上高から税金がひかれておらず、受け取った金額の中から税金を支払う必要があるためです。

納税は国民の義務ですので、一定以上の収入がある人は誰にでも税金を納めなければなりません。確定申告は自分の収入を申告する大事な場です。フリーランスの場合は受け取った額が収入となる訳ではなく、仕事をするにあたって必要な道具などの経費を差し引くことができます。

ですから、経費にあたる領収書は保存しておかなければなりません。しかし、どこまでが経費と言えるのかは、確定申告に慣れている方でも分かりにくい部分があります。

中には意外なものまで経費で落とせる場合もあり、知っておけばよかったと後々公後悔することも多々あります。

税について詳しく知ることで税の負担を減らすことも可能になります。

メリットトップへ