節税ができるから負担が少ない

MENU

税金を減額できる

税には様々なものがあり、ただ収入を記載するのではなく税法上の特例で税の免除または減額をすることができるものもあります。

しかし、これらは予め申告書に記載する必要があり、いくら免除の対象であっても記載しないことには税法上の特例を受けることはできません。普段の生活の中では、なかなかこれらの特例を知ることはできません。

素人同士では、節税対策を知らない

日本にはたくさんの特例があるのですが
多いが故に知られていないものも多数です。

税理士は当然これらを全て把握しています。
できる限りの特例を利用することができるため、納税額も自ずと少なくなります。

自分で確定申告書を作成し、税務署へ提出したとしても、確認するのは額面が正しいかどうかのみです。

多くの特典を受けたいと考えているのであれば、税理士を雇うことが最も効率の良い方法となります。

定期契約を結ぶことによって、その都度税に関するアドバイスを受けることができるので節税対策にも勤しむことができるようになります。

メリットトップへ