経営のパートナーとして相談にのってもらう

MENU

相談相手になる税理士

税理士がいるといないとではどのような差が生じるのでしょうか。
今回はこの差について紹介します。



まず顧問税理士は、税に関する雑務を処理してくれるだけでなく、経営のパートナーとして一役買ってくれます。誰しも初めは経営に不慣れな部分はあります。

税理士は多くの顧客を見てきた経験がありますので、その経験からあらゆることをアドバイスしてくれます。税理士がいないとこれができない為、経営に行き詰ってしまうこともあります。

個人事業主は事業のトップに立つ人材です。

トップであるが故に相談できる相手が少ないという悩みも生じます。
顧問契約をすれば、気軽に相談することができる相手が生まれます。

そうした心のゆとりを作るためにも税理士は必要な存在であるといえます。

もちろん税理士がいなくても、すべて自分の手で行えば済む話ですが、売上高が伸びるにしたがって、そのような余裕はなくなってきます。

事業主として、ある程度のゆとりを持つことは大切です。

トップへ