累進課税は、売り上げに応じて税率も高くなります!

MENU

翌年の税金の支払いに注意

売上高だ高くなるにつれて、税金との関係もより深いものとなります。

特に売上高が1000万円を超えると、税金面で色々変わってくる部分があります。

税金は収入が多いほど増えていきます。それは倍々で増えるのではなく、累進課税と言われる収入が多いほど課税率が高くなる仕組みです。日本においては所得金額に応じて5%から最高で45%となります。

税金は前年度の売上高に対するものを翌年に払うことになるので、翌年の売上高が芳しくないと税金が支払えない可能性も出てきます。

通常ですと、ここで資金繰りに困ってしまうのですが、日本にはこうしたケースを救うたくさんの制度があります。しかし、それを知る術は意外にも少なく、知らずに損をしていることが多くなります。

こうした制度を効率よく利用するためには税理士の力が必要不可欠となります。いくら売り上げが良くても、税金に対する対策を行わないと後で苦労することになります。

まずは、税理士に相談するようにしましょう。

トップへ