税務調査の対象は、売り上げが上がりだしてから数年が一番注意が必要です

MENU

税務調査は、ある日突然やってきます

売上高が高くなることによって生じる問題に税務調査の対象になりやすいということがあります。税務調査とは、申告内容を行政が確認し、誤りがある申告に対して是正を求める調査のことを指します。

税務調査には任意調査と強制調査の2種類があり、強制調査は裁判所の命令に基づいて行われます。調査の対象となるのは過去5年分の納税で、調査を受けた際は偽りなく話すことと、領収書などの書類をきちんと準備することが必要になります。

税務調査ですが、当然納税額の大きい事業主ほど対象になりやすく、特に売上高が1000万円を超えると納税の内容が変わってきますので、とりわけ確率が高くなります。

税務調査と言うのは聞こえが悪いもので、取引は信用が大切ですので、本業に影響を及ぼす可能性があります。当然正しい申告を行っていれば、何も心配することはありません。

これを防ぐためには正しい申告を行うことが必要不可欠です。

最も確実な方法は税理士に申告書の作成をお願いするということになります。

トップへ